Namiheyhey’s blog

アメリカの大学院で勉強中

アメリカで詐欺に遭ってしまった


やられてしまった。。


一週間ほど前のこと。アメリカに引っ越してすぐ、アメリカのアマゾンでベッドや机や電子レンジなんかを買い揃えていた。その日はちょうど待ちに待ったソファが届くことになっていたので、アパートの部屋で待っていたら、アマゾンから、「荷物を届けに行った業者があなたの家の住所が間違っていると言っているので、アマゾンに連絡してください。」とのメッセージが届いた。こっちに来てすでに10回以上はアマゾンを利用しているけど、そんな理由で荷物が届かなかったことは一度もない。もしかして、アパートの入り口にある居住者名簿に私の名前がなかったから(引っ越してきたばかりだったので)かな、この業者が悪名高い○○○だからかな、とか考えながら、アマゾンに電話することにした。ところが、そのメッセージにもアマゾンのサイトにも、電話番号どころか何の連絡先も見つからない。その日のうちにそのソファが欲しかったので焦っていた私は、グーグルで検索して連絡先を見つけることにした。


検索で引っかかったサイトは、フェイスブック関連のサイトで、アマゾンの電話番号とユーザの口コミ評価(「素晴らしいサポート!」など良い評価ばかり)が載っていたので、この番号に電話をかけた。

電話に出た男性は、トーマスと名乗る訛りのある男性だった。状況を説明したところ、「あなたの注文はすでにキャンセルされていますよ。」と言われた。


私「??キャンセルした覚えはありませんが?」

トーマス「いえ、キャンセルされています。このままでは注文の返金は出来ません。返金する方法はiTunesのギフトカードを通じてのみなので、iTunesのギフトカードを200ドル分(100ドル分を2枚)購入して、コードを私に教えてください。今すぐやらないと返金出来なくなるので、なるべく早くお願いします。」


これを書いていても、なぜ騙されていることに気付かなかったのか、全く自分が理解出来ない。。なんてアホで間抜けだったんだろう。


続きはたぶん明日くらいに書きます。。